スワンナプーム空港に10時間 私が見つけた暇つぶし方法

旅行

こんにちは、こむぎこです。

この記事を読まれている方は、「スワンナプーム空港」で長めの時間を過ごさないといけない方が多いのではないでしょうか?

私は事情があって空港で10時間以上一人で過ごしました(笑)

意外とあっという間だったので、おすすめの過ごし方をお伝えします!

こむぎこ
こむぎこ

私より空港にいる時間が長い猛者はあまりいないと思うので、皆さん安心して下さい。

スポンサーリンク

お土産を買う

スワンナプーム空港のロイヤルプロジェクト
ブログ製作者撮影

大定番ですが、空港でもかなりお土産が充実しています。

地下一階…ROYAL PROJECT、セブンイレブン

三階…ドラッグストアBoots、セブンイレブン、ローソン

が主な買い物スポットです。

おすすめのお土産はこちらの記事でまとめています。

こむぎこ
こむぎこ

空港だとお土産は高いイメージですが、コンビニやロイヤルプロジェクトはお安く調達できました!

マッサージを受ける

まとまって時間がつぶれる上に、寝っ転がれて、体も楽になる!

私が探した限り、出国前の誰でも入れるゾーンには2か所のタイマッサージ店がありました。
(地下1階と3階)

私は値段がリーズナブルな地下1階の方で受けました。

肩・背中・首のマッサージで1時間700バーツ(約2800円)でした。

マッサージの料金表

気持ち良かったのですが、飛行機の中でもみ返しが来てしまい上手く眠れなかったので、飛行機に乗る前に受けるなら、脚だけとか、ちょっとライトなオイルマッサージとかがいいかもしれません。

こむぎこ
こむぎこ

もちろんタイ古式マッサージを受けたら必ず揉み返しが出るわけではありません!

市内よりは高いものの、そんなに高すぎるわけでもなく、日本で受けるよりはリーズナブルに楽しめます。

ご飯を食べる

暇があるならがっつり一か所で食べてしまわずに、ちょこちょこ色んなものを食べるのがおすすめです。

ケンタッキーやスタバ、洋食やタイ料理屋さんも3階にありますが、おすすめは1階にあるここ。
8番出口の近くにあります。

「Magic Food Point」(マジックフードポイント)

何件も屋台が入っていて、超リーズナブルにタイの料理が楽しめます。

いくつか食べた中のおすすめは、

・トムヤムクンラーメン
・カオマンガイ

大体のご飯が70・80バーツ(300円前後)で食べられます。
お店でお金を払うのではなく、入り口でチケットを買って、値段分のチケットを店員さんに渡すシステムです。
※余ったチケットは、買った場所で払い戻しを受けられます。
※1人150-200バーツも買えば十分かと思います。

私はマッサージを受ける前にここで軽く食べ、マッサージを受けてからまた軽く食べました(笑)

フルーツジュースや、マンゴースティッキーライスといったデザートも売られています。

おやつを食べる

また食べるのかという声が聞こえてきそうですが、暇だと食べちゃいますね。

おすすめは2階にあるチャトラムー(ティースタンド)とその隣にあるクリスピークリームドーナツです。

レモンティーも飲みましたが、やっぱりここで一番おいしいのはタイミルクティーかなと思います。

かなり甘いので、甘さの程度を選ぶ時は30%とか70%とかが良いと思います。

お土産も売っていますし、市内とお値段も変わらないのでおすすめです。

タイらしい像と写真を撮る

3階のマックには、タイでのあいさつのポーズをしているドナルドの像があります。

今にもコップンカーと言いだしそうな感じ。同じポーズで写真を撮るのも楽しいですね!

4階の出国ゾーンには、かなり大きな鬼の像があります。
ヤックと言って、古代インドの神話に登場する鬼神だそうです。

タイでは、一般的に赤と緑の鬼神が対になって、寺院の入り口などにいるようです。

こむぎこ
こむぎこ

ご時世に合わせて、マスクを装着していました。

早めに出国ゾーンに入る

空港のチェックインカウンターは大体、飛行機が出る3時間前に受付を開始しているので、チェックインを済ませて早めに中に入ってしまいましょう。

出国手続きを済ませた後のゾーンには、大量にお土産屋さん・免税店が待っています。

値段は少しお高めのものが多いですが、ゆっくり探すとお値打ちのものやいいお土産があります。

私のおすすめは、マンゴーがチョコレートでコーティングされた「フルーツボールチョコレート」です。

タイのフルーツボールチョコレート
ブログ製作者撮影

まとめ

今回は、スワンナプーム空港での暇つぶしについて書いてみました。

この記事を読んで少しでも暇つぶしに貢献できていれば幸いです(笑)

おすすめのお土産はこちら↓

日本に帰ってくるまで、目いっぱい海外旅行を楽しんでいただければと思います!!

タイトルとURLをコピーしました