【敏感肌におすすめ】エタノールフリーの顔用日焼け止め7選

敏感肌

体に塗っても大丈夫だった日焼け止めを顔に塗ったら肌荒れしてしまった…という敏感肌の方は多いはず。

紫外線から肌を守って、肌を綺麗に保つために塗っている日焼け止めで、逆に肌が荒れてしまうのは悲しいですよね。

こむぎこ
こむぎこ

今回は、そんな悩みにお答えして、敏感肌の方でも顔に使いやすい日焼け止めをまとめました。

スポンサーリンク

敏感肌の日焼け止めの選び方

アルコール(エタノール)フリー

エタノールは、肌にすーっとした清涼感をもたらしたり、引き締め効果があり、化粧品に配合されている成分です。

ただし、揮発性(=蒸発しやすい)があることから刺激があり、敏感肌の方にはエタノールが合わずに赤く&痒くなったり、清涼感を超えた痛みが起こりやすい成分でもあります。

また、エタノールは蒸発する際に、肌の水分も一緒に持っていってしまうため、乾燥が進んで肌のバリア機能が低下し、より一層刺激に敏感な肌の状態を作り出す恐れもあります。

日焼け止めは、夏場は何度か塗り直しをするため、肌に触れる機会が多くなります。
敏感肌はエタノールフリーの日焼け止めがおすすめです。

吸収剤か?散乱剤か?

紫外線吸収剤は、肌の上で紫外線が熱に変わる反応を起こすので、その際の刺激が合わない方が敏感肌の中にはいらっしゃいます。

ただ、敏感肌だからといって吸収剤が絶対に合わないというわけではありません。

吸収剤がどうしても使えない方は吸収剤不使用の商品を。
そうでない方は、塗り直しの頻度・落としやすさ・使用感から自身の好みに合わせて使うことで問題ありません。

スポンサーリンク

敏感肌におすすめの日焼け止め

サンメディック 薬用サンプロテクト(資生堂)

サンメデックの日焼け止め

トラネキサム酸* タイムエキス(1) ウコンエキス ユビデカレノン アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム 精製水 デカメチルシクロペンタシロキサン パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル 1 3-ブチレングリコール メチルポリシロキサン 濃グリセリン ジプロピレングリコール 含水ケイ酸 ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 α-オレフィンオリゴマー デカメチルテトラシロキサン ポリプロピレングリコール フェニルベンズイミダゾールスルホン酸 2 4-ビス-[{4-(2-エチルヘキシルオキシ)-2-ヒドロキシ}-フェニル]-6-(4-メトキシフェニル)-1 3 5-トリアジン イソステアリン酸 トリエタノールアミン キシリット 2-[4-(ジエチルアミノ)-2-ヒドロキシベンゾイル]安息香酸ヘキシルエステル ヘキサメチレンジイソシアネート/トリメチロールヘキシルラクトン架橋ポリマー 架橋型N N-ジメチルアクリルアミド-2-アクリルアミド-2-メチルプロパンスルホン酸ナトリウム共重合体 セスキイソステアリン酸ソルビタン サクシノグルカン クエン酸 ジブチルヒドロキシトルエン エデト酸二ナトリウム 疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース 無水ケイ酸 クエン酸ナトリウム トリメチルシロキシケイ酸 フェノキシエタノール 低温焼成酸化亜鉛

エタノールフリー

パラベン、香料、着色料、鉱物油フリー

ノンコメドジェニックテスト済み(ニキビができにくい処方)

の敏感肌にやさしい設計にも関わらず、SPF50+ PA++++の高い日焼け止め効果がある商品です。

成分は、吸収剤(パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル)と散乱剤(酸化亜鉛)の両方が配合されています。

化粧水・乳液・美容液要らずで、この1本で朝のお手入れが完了し、オールインワンのように使うこともできます。
美白有効成分のトラネキサム酸入りも、お肌のケアができ嬉しいポイントです。

テクスチャーとしては乳液のような使い心地で、伸びが良く、みずみずしいです。
水のようにサラサラではないので、クリームのような質感が好きな方におすすめです。

ウォータープルーフ(耐水テスト済み)で汗や水にも強く、夏場に使いやすい日焼け止めです。


原液UVプロテクター(チューンメーカーズ)

チューンメーカーズの日焼け止め
ブログ製作者 作成

水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、BG、グリセリン、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、カプリリルメチコン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、イソステアリン酸、フラーレン、リン酸アスコルビルMg、コメヌカスフィンゴ糖脂質、α-アルブチン、カンゾウ根エキス、ラウロイルリシン、カカオ種子エキス、PVP、リンゴ酸Na、水添レシチン、フェノキシエタノール、キサンタンガム、リンゴ酸、1,2-ヘキサンジオール、ペンチレングリコール、水添リゾレシチン、アルギニン、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、酸化チタン、(PEG-12ジメチコン/PPG-20)クロスポリマー、水酸化K、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、トコフェロール、水酸化Al、BHT、酸化亜鉛、フィチン酸、酸化銀

こちらもエタノールフリーの日焼け止めです。

大きな特徴としては、フラーレン・ビタミンC・セラミドといったスキンケアで取り入れたい成分が入っていることです。

「日焼け止め美容液」と書いてある通り、日焼け止めのキシキシした嫌な感じは一切なく、しっとりとしていてとにかくストレスを感じない、使用感抜群の商品です。

初めて使ったときは感動しました。
肌の調子も付けている方が良いくらいで、日焼け止めを嫌々ではなくつけるようになりました。

SPF50+ PA++++で日焼け止め効果も高く、紫外線のみでなくブルーライトカットにも対応しています。

さらに下地効果もあり、メイクに響かずにファンデーションが乗せられます。

日焼け止めという名の上質なスキンケア体験ができるので、激推ししているアイテムです。


オレゾ ナチュラルパーフェクト(ロート製薬)

オレゾの日焼け止め

オレゾのナチュラルパーフェクトは、アルコールフリーに加え、紫外線吸収剤不使用の商品です。

無香料・無着色・アレルギーテスト・スティンギングテスト済みの商品で、敏感肌でも使える日焼け止めになっています。

※スティンギングテストとは、塗布したときの皮膚の刺激(ピリピリ感)を確かめるテストです。

ミルクタイプ・ジェルタイプが出ているので、ご自身のテクスチャーの好みで選ぶことができます。

オレゾの日焼け止めは、ツルハドラッグ系列のドラッグストアのみでの販売なので、近所に店舗がない場合は、ネットからの購入がおすすめです。

UVプロテクトウォーター ミルクマイルド(ニベア)

ニベアの日焼け止め

ニベアからは様々な種類の日焼け止めが出ていますが、この「UVプロテクトウォーター ミルクマイルド」は、エタノールフリー&吸収剤フリーのタイプです。

※ニベアの日焼け止めは、エタノールが成分表の頭の方に来るものが多いので、シリーズを間違えないようご注意ください!

無香料・無着色・アレルギーテスト済みで、敏感肌に向けて作られた商品です。
日焼け止めとしては、SPF50+P A++++と最高値の効果があります。

さらっとしたミルクタイプでべとつかず、化粧下地としても使えるので、朝のワンステップが楽になります。

パーフェクトUV マイルドミルク(アネッサ)

アネッサのパーフェクトUVマイルドミルク

「焼かない日焼け止め」の代名詞ともいえるアネッサからも、敏感肌タイプが出ています。

金色のアネッサを顔に塗り、乾燥と刺激からか、ニキビ・赤みが爆発してしまった苦い過去のある筆者は、良い日焼け止めと分かりつつもアネッサは敬遠していました。
(肌の強い友人は何もなく使っていたので、肌質によるものと思われます。)

しかし、このアネッサは赤ちゃんや子供にも使えるどマイルドな設計になっています。

具体的には、エタノールフリーはもちろん、パラベン・鉱物油・香料・着色料も不使用となっています。

また、アレルギーテスト済み・ノンコメドジェニックテスト済み(ニキビになりにくい処方)という点もポイントが高いです。

80分間にもわたる水浴テストで耐水性が確認された「スーパーウォータープルーフ」なので、汗をかくスポーツやアウトドア、水遊びに最適な商品です。

通常のアネッサ同様、サラっとしたゆるめの液状のミルクタイプで、塗ってもキシキシとした皮膜感は感じにくいです。

アンドミライ プロテクトUV(ファンケル)

アンドミライプロテクトUV
ブログ製作者撮影

水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、コハク酸ジエチルヘキシル、メタクリル酸メチルクロスポリマー 、BG、ジメチコン、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル 、プロパンジオール、シクロペンタシロキサン、ペンチレングリコール、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、加水分解シルク、加水分解コンキオリン、マドンナリリー根エキス、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム 、加水分解ヒアルロン酸、キサントフィル、パーム油、ハトムギ種子エキス、サトザクラ花エキス、酒粕エキス、エチルヘキシルトリアゾン、パルミチン酸デキストリン、(アクリレーツ/ジメチコン)コポリマー、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーNa、イソステアリン酸PEG-60グリセリル、トコフェロール、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル、エチルヘキシルグリセリン、カンテン、キサンタンガム、水添レシチン、サフラワー油、フィトステロールズ

ファンケルの日焼け止めは、アルコールフリーに加えてパラベン・合成香料も不使用の、マイルドな処方です。

黒川温泉水が配合されており、ミネラルが補充され、健やかな肌の土台作りに一役買います。

肌に塗ると、まるで水に触れながら伸ばしているような摩擦レスなジェルで、なめらかに伸びます。
潤いますがべたつず、メイクに響きにくいところもお気に入りです。

「ヒアルロン酸ヴェール」により、紫外線からだけでなく、ブルーライト・乾燥・花粉・ほこりといった外的刺激からも肌を守ってくれます。

肌のキメを整えるため、真珠・絹・白百合の成分も配合されています。

せっけんで落とせる軽い付け心地です。

スーパーサンシールド ブライトフィット(アクセーヌ)

アクセーヌの日焼け止め

アクセーヌのブライトフィットは、アルコールフリーに加え、吸収剤フリーのノンケミカル日焼け止めです。

無香料・パラベンフリー・ノンコメドジェニックテスト済みの、敏感肌にやさしい作りになっています。

みずみずしい水のようなテクスチャーで、SPF50ですが軽い塗り心地です。

「ブリリアントパウダー」が配合されているため、肌色を補正し、くすんだ肌に明るさ・ツヤ感・透明感をプラスしてくれます。
自然なトーンアップが叶う商品です。

アクセーヌの独自技術(MCキトサンヴェール)により、汗・水に強いウォータープルーフで、夏場の強い味方です。

【公式】アクセーヌオンラインショップ で見る

敏感肌の方はいきなり現品は合うか不安があると思うので、サンプルを自宅に【公式】アクセーヌオンラインショップから送ってもらうのがおすすめです(2品まで無料)。

まとめ

今回の記事では、アルコールフリーの日焼け止めのうち特におすすめの商品を7つご紹介しました。

他の記事では、アルコールフリーのスキンケアをまとめています↓

タイトルとURLをコピーしました