【レビュー】アンブリオリスのモイスチャークリーム 使い方や使用感は?

ショッピング

こんにちは。
敏感肌のスキンケアオタク、こむぎこ(@mugi_qs)です。

今回は、アンブリオリスのモイスチャークリームのレビューを書きました。

元々ミニサイズのサンプルでお試しを使ったところ、しっかりはまってしまい、

サンプルを使い切ってすぐ、現品を2本しっかり購入しました。

(良い消費者のお手本みたいな行動)

こむぎこ
こむぎこ

このクリームは、とにかく使い道が豊富で万能なので、

今からその良さをお伝えできればいいなと思います。

スポンサーリンク

基本情報

アンブリオリスについて

アンブリオリスは、フランス(パリ)の皮膚科医により1950年に生み出されたブランドです。

今回紹介している「モイスチャークリーム」はその時に販売が始まったものなので、70年以上のロングセラー商品です。

健やかな肌のために油分も水分もたっぷりと与え、できるだけ低刺激にというコンセプトで、クリームだけでなく幅広いスキンケア商品を販売しています。

成分

全成分

水・ミネラルオイル・ステアリン酸・パルミチン酸・ステアリン酸グリセリル(SE)・TEA・ミツロウ・パルミチン酸セチル・シア脂・1,2-ヘキサンジオール・カプリリルグリコール・ステアレス-10・ポリアクリルアミド・(C13,14)イソパラフィン・香料・ラウレス-7・PG・トロポロン・加水分解ダイズタンパク・アロエベラ葉エキス

水分を保つアロエベラ・ダイズタンパク、油分を与えるミツロウ・シアバターが配合されています。

ワセリンとほぼ同一のミネラルオイルが配合され、敏感肌にも配慮がされている低刺激設計です。

皮膚科学テスト・パッチテストも行われています。

使い方

①クリームとして使う

これは一番当たり前の使い方ですね(笑)

かなり少量で伸びが良くしっとり潤うので、チューブを弱めに押して1回出てきた分でちょうど良いくらいです。

これ以上は少なく出せない!というくらいの少なさがベストな量です。

②化粧下地として使う

こちらは下地にもなるクリームです。

なので、この上からファンデーションを塗ることが出来ます!

皮膚に薄い「潤いの膜」を張ってくれるので、後から重ねるアイテムの伸びが良くなります。

私はダルバの日焼け止めを上から重ねているのですが、肌が水を弾くように日焼け止めを弾いてしまっていたのが、スルスル伸びるようになりました。

③クレンジングとして使う

これが一番驚きの使い方。

こむぎこ
こむぎこ

クレンジングクリームとして使えます!

これは私が勝手に言っている訳ではなく、公式でも書かれている使い方です。

@コスメでは、クリームクレンジングのランキングで1位に君臨しています。(2021年1月現在)

スポンサーリンク

使い心地

クリームとして

私は手先が不器用な方で、クリームで適量とされている量を塗っても、伸ばすのが下手で足りなかったりしますが、これは本当に少量で伸ばせます。

ただ、冬の寒い時期だと成分が固まりやすいのか、クリームがざらっとした手触りになっています。

私は結構これが好きなのですが、指でゆっくり伸ばすと体温で溶けてざらつきはなくなるので、そんなに気にはならないかと思います。

グリセリンフリーのクリームで、肌馴染みが良く、

表面にペタペタ残りにくいですがしっかり潤いはプラスしてくれます。

こむぎこ
こむぎこ

ミネラルオイルはワセリンのように閉塞力があるので

朝晩どちらもではなく、朝のみ使用しています。

クレンジングとして

クレンジングクリーム部門で1位を獲得するのも納得!!!

500円玉くらいたっぷりと取って顔に塗り広げ、手にぬるま湯を付けて乳化⇒洗い流して使っています。

スキンケアとして使えるクリームを顔に塗ってお湯で流しているだけなので、しっとりが長く続きます。

敏感肌にも刺激少な目で使えました。

洗顔料では落ちない日焼け止めくらいであれば、これが肌に優しくて落とせるかと思います。

まとめ

とにかく色々な使い方が出来る万能クリームで重宝しています。

塗りすぎてしまうと油分過多になってしまうので、量にだけ注意していただければと思います!

※クレンジングクリームとして使う場合は、肌を擦らないようにたっぷりと量を使ってあげるのがおすすめです。

冬も耐えられるグリセリンクリームをお探しの方にもピッタリかと思います。

▼Twitterでこむぎこをフォロー▼

タイトルとURLをコピーしました